家族4人で、London Marriott Hotel County Hallに宿泊しました。

ホテルはBig Benの橋の反対側、London Eyeの目の前にあります。

写真の右側が入り口です。County Hallの一部が、Marriott Hotel になっているため、Marriottの標識は目立つ場所になく、小さくてわかりにくいです(入り口は一つしかありません)

細い道を抜けるとMarriott Hotelの中庭に着きます。

Marriott Hotelの入り口は中庭の先にありました。

家族4人で予約をして、こちらの部屋をアレンジしてもらいましたが、部屋が狭く、窓からは何も見えない向きだったので、別の部屋に変えてもらいました。

四人一部屋の部屋もコネクティングルームも空室がなかったため、隣り合った部屋をアレンジしてもらいました。こちらはパパ&息子の部屋。

白と黒を基調貴重とした部屋に、目立つ色の机と椅子があります。壁にはカードキーと同じキャラクターの絵が飾ってありました。

シックな基調のデザインです。

窓からはRiver Thamesを見ることができます。

こちらはママ&娘の部屋です。

こちらの部屋は入り口は広いですが、窓が一つしかなく、全体としてはパパ&息子の部屋よりも狭そうです。

暖房はセントラルエアコンで、寒くは無いですが、気温は低めでした。

部屋からはLondon Eyeが見えます。London Eyeの横にはクリスマスマーケットが見えました。

クリスマスシーズン中のため、レセプションには大きなクリスマスツリーとクリスマスの飾り付けが施され、本場ヨーロッパのクリスマス気分を味わうことができました。

ほてるからは時計の部分が煌々と輝く夜のBig Benの姿を見ることができました。Big Benの時計、夜になるととても明るく輝き、昼とはまったく違う雰囲気になっていました。

By adamas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です